SSブログ

耳に残るは君の歌声 [映画]


THE MAN WHO CRIED


耳に残るは君の歌声

耳に残るは君の歌声

監督:脚本:サリー・ポッター



いま少女は海を越える

かすかに耳に残る子守歌をさがして・・・



1927年、少女フィゲレは

ユダヤ人迫害が激しさを増すロシアから

父と引き離され、イギリスにたどり着く。

スーザンという新しい名前を与えられ

過去を封印された彼女を支えたのは

父が歌ってくれた子守歌だった。

やがて美しい娘に成長したスーザンは

父を探す旅に出た。

旅費を稼ぐために働き始めたパリのオペラ団で

ジプシーの青年チェーザーと出会う。

暗い瞳に激しい情熱を秘めたチェーザーに

スーザンは激しく惹かれていく。

幸せなひとときが訪れたかに見えたが

再びドイツ軍がユダヤ人迫害の手を伸ばし始めた

...


解説より



耳に残るは君の歌声


激しく揺れ動く運命に燃え上がる、愛と悲しみの一大感動ドラマ



***


もうひとつ

友人が送ってくれたDVD

美しい映像と

耳に残る美しい歌声

ラストシーンは胸にこみ上げる感動が…

子供の頃に父を亡くした私自身は

大人になってから父を思うとき

優しい思い出しかなくて

父は悲しさや辛さを

一人で苦しんでいたのだろうかとか…

父を恋しく思った

そんな映画でありました。





ありがとう りんごちゃん






nice!(30)  コメント(8) 

マイライフ・アズ・ア・ドッグ [映画]

マイライフ・アズ・ア・ドッグ

MITT LIV SOM HUND

マイライフ

アズ・ア・ドッグ

監督:ラッセ・ハルストレム

原作:レイダル・イェンソン

1985年/スエーデン作品



・・・


序盤は、何度も目をつぶりたくなるほど

胸が痛く切なかった。

とても不幸、というわけじゃないけれど

閉鎖された日常の中で

少年はとても息苦しそう。

それが、後半になるにしたがって

解放されていく様子を見るのは

自分自身も救われていくようでした。

見終わったあとの、

深い余韻をいつまでもかみしめていたい

(ニックネーム:crocoさん)



1950年代末のスエーデンを舞台に綴られる

短い夏の記憶

最愛の母との思い出...…。

いつか子供の時間が終わり

大人への第一歩を踏み出していく少年の姿を

どこかノスタルジックなにおいを漂わせながらも

みずみずしく描き出す。

かつて子供だったすべての大人たちに贈る珠玉の作品。

杉原賢彦

(DVDvideo解説より)


***


いつも一緒に映画を見に行く

大好きな友人が貸してくれたDVD

スエーデンの生活風景が好かったな


ありがとう りんごちゃん♡




nice!(32)  コメント(4) 

田園の守り人たち [映画]


エキプ・ド・シネマ45周年記念作品



映画・田園の守り人たち (1).jpg


田園の守り人たち

Les Gardiennes



グザヴィエ・ボ-ヴォワ監督作品

2017年/フランス=スイス合作


音楽…ミシェル・ルグラン





映画・エセルとアーネスト.jpg


nice!(10)